万引きなどの防犯対策に監視カメラ

元々監視カメラは、銀行などの限られた場所で利用されてきました。銀行などで監視カメラが利用されている理由は、2つあります。1つ目の理由は「犯罪を未然に防ぐため」で、監視カメラの存在をアピールする事で犯罪者が犯罪を実行できないようにプレッシャーをかけているのです。2つ目の理由は「犯罪発生時に映像を証拠として使うため」で、監視カメラの映像を証拠として犯人に言い逃れを許さないのです。以上のような理由で重宝されてきた監視カメラですが、現在では非常に多くの店舗で必要とされています。その大きな理由が「万引き」です。

最近ではその件数が年々減ってきてはいるものの、万引きの発生は店舗にとって死活問題です。商品がなくなる上に一切の利益が入ってこないのですから、店舗としては万引きを必ず未然に防止したいものです。そこで、監視カメラの出番です。元々「犯罪を未然に防ぐため」、「犯罪発生時に映像を証拠として使うため」に使われてきた監視カメラですから、万引きの防犯対策にも必ず効果があります。万引き対策に乗り出したい皆さんは、是非とも設置を検討しましょう。

当サイトでは以下、「監視カメラの録画システム」、「カラーとモノクロについて」、「監視カメラが録画できる容量について」を順に説明していきます。監視カメラも時代とともに進化を遂げてきましたし、その機能も充実しています。この記事が監視カメラ購入を検討されている皆さんの参考に少しでもなれば幸いです。