録画できる容量はどれくらい?

監視カメラが録画できる容量は、結局は記録媒体の容量が上限となります。しかし「どんな条件で記録するか」「カラーかモノクロか」「どのくらい細かく映像を記録するか」などによって情報量は大きく変わりますから、「実際に記録してみないと分からない」というのが正直なところです。実際に、監視カメラ4台を配置した場合の例を考えてみましょう。カラー映像で、1920×1080のフルHD画質、さらにフレームレート10fpsで圧縮方式H.264のものを利用した場合、この条件で録画すると、録画映像30日分を記録するために4TBの記録媒体(主にハードディスク)が必要になります。

記録容量は設置条件によって変わります。まず、カメラ台数に比例して容量が必要になってきます。また、鮮明な映像が必要ないのであれば、モノクロにしたり画質を落としたりすれば記録時間が延ばせるでしょう。フレームレートを下げる(コマ送りに近くなる)か、圧縮方式を変えることでも記録可能な時間は変わります。

店舗や使用用途に応じて「どのような映像が必要か」は変わってくるでしょうから、その条件に合わせて十分な容量を持った記録媒体を準備しましょう。以上、監視カメラの録画システムについてお伝えしました。監視カメラの技術は日々進歩していますから、専門的なより詳しい事は専門業者に尋ねてみましょう。