録画システム

まずは監視カメラの録画システムについて見ていきます。始めに、従来の監視カメラのシステムについて見ておきましょう。監視カメラを店内に設置した場合、カメラ映像はリアルタイムで別室のモニターで確認可能です。万引きなどをモニターを通して発見した場合には、速やかに現場を取り押さえる必要があります。

しかしそれがなかなか難しいところで、万引きの発見から万引き犯を捕まえるまでにはどうしてもタイムラグが発生します。モニター越しに万引きを店員が目撃していた場合でも、万引き犯は大抵、「やっていない」と言い逃れを図るでしょう。そこで、「録画機能」の出番というわけです。監視カメラはハードディスクといった記録媒体と繋がっており、一定時間の映像は記録として残っています。かけつけた警察にその録画映像を見せる事で、万引き犯はもう言い逃れできなくなりますね。

ここまでの説明は、従来の監視カメラの機能です。最新の監視カメラは、より高度なシステムを搭載しています。まず、監視カメラをインターネットに接続する事で、リアルタイム監視がモニターだけでなくパソコン、スマートフォンでも可能になっています。店内にいなくても監視が可能ですから、監視者はどこにいても構わないのです。さらに、録画した映像をインターネット上にアップロードする事も可能です。万が一記録媒体が破壊された場合でも、インターネット上に記録が残っていれば安心ですね。